さんまの名探偵 ゲーム概要

さんまの名探偵|タイトル画面

明石家さんまの他、吉本興業の実在の芸人をゲーム中に数多く登場させたコマンド選択式アドベンチャーゲーム。プレイヤーはさんまの助手となって、聞き込みや捜査を行いながら犯人を追う。通常のエンディングの他に、真犯人誤認・遭難・真犯人逃亡という計3つのバッドエンドが用意されている。ボートレースや追跡ゲームなどのミニゲームも盛り込まれており、ミニゲームの「ギャラクシガニ」はナムコのゲーム・ギャラクシアンのセルフパロディである。他にもディグダグ・ワルキューレの冒険・ゼビウスなどの作品で用いられたBGMや効果音が使われているなど、ナムコ作品のセルフパロディ的な要素が多く盛り込まれているのも特徴の一つ。

さんまの名探偵 ゲーム内容

タイトル さんまの名探偵
ジャンル アドベンチャーゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ [FC]
メーカー ナムコ
プレイ人数 1人用
発売日 1987年4月2日
価格 4,900円
メディア 1.5Mビットロムカセット

さんまの名探偵には、マップ画面と捜査画面が用意されている。マップ画面でさんまの行きたい場所へ移動させて、捜査画面で8つのメインコマンドを選択していく。また、8つの捜査コマンド以外にも、さんまに行動を任せる時に使う「さんま」や、キャラクターを殴る「どつく」といったユニークな捜査コマントがある。ゲーム難易度が低くクリアが簡単なので低年齢層でも楽しめるゲームになっている。

更新情報

2016年08月23日
裏技のページを追加しました
2016年08月23日
アイテム一覧表のページを追加しました
2015年06月27日
さんまの名探偵の攻略ページを作成しました